発掘! グラビア・アイドルTOP

発掘! グラビア・アイドル 新着情報


夏菜

11日、映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』のDVD&ブルーレイの発売を記念して、

夏菜、Merii、水沢奈子、緑友利恵ら女性キャストたちが、原宿に期間限定

オープンしている「GANTZ/星人×CAFE」で女子会イベントを開催。

集まった女性客を前に、ファッションやダイエット、好みのタイプなど、

女子らしい話題満載のトークを行った。

約80人の女性客のみを招待して行われたこの日のイベント。

話題はまず、多くの女子が気になるダイエットのことへ。

抜群のプロポーションを誇る夏菜は「コアリズム(ダイエットサポートDVD)

には本当にお世話になっています。もう3年くらい続けていますね」と

その秘訣(ひけつ)を明かす。食べ物にも気を使っているそうで

「おなかが空いたら豆腐を食べるようにしています。ご飯に豆腐を

乗せて食べると、おいしいし満腹感があるんですよ」といかにも

ヘルシーなレシピを披露するも、さすがに女子たちは微妙な反応。

めげずに「味の素をかけるとおいしいんですよ!」と熱弁していた。

また、撮影当時は高校生だったという緑は、撮影の合間に試験勉強を

していたところ、主演の二宮和也に勉強を教えてもらったという、

何ともうらやましいエピソードを披露。「教科書に出てくる偉人の

顔に落書きをされましたけど、おかげでテストではいい点が取れた

んですよ」とほのぼのする裏話を語って女子たちを和ませた。

その後も一同は、「GANTZのキャラクターの中で誰と付き合いたい?」

「今日のファッションポイントは?」などなど、いかにも女子会らしい

テーマでトークを繰り展開。イベントの最期に夏菜は、

「今日は女子だけなのでラフで気軽にしゃべることができた。

もっと早くこういうイベントをしたかった」と名残惜しそうにコメント。

「またあったらいいな」とリラックスした笑顔を見せていた。

『GANTZ:PERFECT ANSWER』は「週刊ヤングジャンプ」の奥浩哉の

人気コミックを実写映画化したSFアクションムービー『GANTZ』

2部作のクライマックスとなる後編。死を迎えた男女たちが黒い謎の球体

“GANTZ”に召集され、“星人”と呼ばれる強敵たちとの戦いを

繰り広げる様をダイナミックに描く。

イベント会場となった「GANTZ/星人×CAFE」は、DVD&ブルーレイの

発売を記念し、原宿の「エコファームカフェ632」とコラボして

10月10日にオープン。店内には実際に撮影で使われたGANTZ球をはじめ、

登場した星人のパネルや武器などが展示されるほか、オリジナル

メニューも用意されるなど、「GANTZ」の世界観を再現した

空間になっている。(肥沼和之)


記事はシネマトゥデイより

           

加護・・・。

「バックに暴力団がいる」などと脅し借金を踏み倒そうとしたとして、

飲食店経営会社代表の安藤陽彦容疑者(44)が恐喝未遂容疑で

逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策4課が、同容疑者

と同居する元「モーニング娘。」の加護亜依さん(23)

から参考人として事情聴取していたことが7日、加護さんの

所属事務所関係者への取材で分かった。

事務所関係者によると、加護さんは安藤容疑者と

都内のマンションで同居。同容疑者が逮捕された6日、

警視庁の捜査員に対し、恐喝未遂事件について参考人

として事情を説明したという。

所属事務所は現在、加護さんと連絡が取れない状況という。

安藤容疑者は、2000万円を借りていた富山県の

会社役員男性に対し「俺のバックには暴力団がいる」と脅し、

借金を踏み倒そうとしたとして逮捕された。 

記事は時事通信より


        

akb48

人気アイドルグループAKB48の「チーム4」のキャプテンを

務めている大場美奈(19)=第3回選抜総選挙35位=が、

当面の間謹慎することになった。キャプテンは辞任する。

2日、グループの公式サイトで発表され、大場は

「過去のブログに記載した内容について、メンバーや

ファンの皆さまにご心配とご迷惑をおかけし、

大変申し訳ありません」と謝罪した。

同じく「チーム4」の森杏奈(17)は2日付で卒業した。

腰痛を患っており、公式ブログで「AKB48として

これ以上続けていくことはできないと思い、辞退をさせて

いただくことを決意しました」と事実上の脱退について説明した。

「2人とも男女交際をうかがわせるブログが過去に発覚していた。

恋愛御法度だからやむをえないのでは」とアイドルウォッチャー。

NMB48の島田玲奈(18)も3日に都内で行われる握手会を

最後に年内の活動を謹慎する。島田も男性とのツーショット写真

がネット上に流出している。


記事は夕刊フジより


        

桜庭みなみドットハック

劇場用3Dアニメーション『ドットハック』の制作発表会が

23日に都内で行われ、主要キャストの声優を担当した女優の

桜庭ななみ(18)、俳優の松坂桃李(22)、田中圭(27)が登壇した。

松坂はアフレコ中に「途中でお腹の音が鳴ってしまって、

NGを出してしまった」と赤裸々告白。同じく桜庭も

「お腹が鳴って、監督に『聞こえましたか?』って聞いたら

『バッチリ録れた』と言われて…お腹の音だけはどうにも

ならないです」と赤面する、ほのぼのとしたやり取りを明かした。

同作は人気ロールプレイングゲーム『.hack』シリーズを原作に、

フル3DCGで新たに制作した長編アニメーション。現実と虚構、

2つの世界を交差する奇妙な人間関係を描くアクションラブストーリー。

ごく普通の女子中学生・有城そら(桜庭)が友人に誘われ、

オンラインゲーム『THE WORLD』に参加することから物語が始まる。

これまでにアニメ映画『サマーウォーズ』などで声優経験もある

桜庭だが「何度挑戦しても難しかった」とアフレコには苦戦。

それでも「ゲームに入っているような気持ちになって、すごく楽しかった」

と笑顔で振り返り、初共演の松坂の印象を「初めて会ったような気がしない。

なんだかいとこみたいな感じです」と話して、松坂をたじろかせた。

松坂と田中は本作で声優初挑戦。松坂は「キャラの上に声を通して

感情を乗せるのが難しかったけど、これまでと違ったアプローチを

しながらできて、とても楽しかったです」と満足げ。田中も「すごく

難しかったんですけど、貴重な経験ができた。中学生役だったので、

年齢だけ意識してかわいい子ぶって演じました」と役作りを明かした。

劇中の舞台が2024年であることにちなみ、それぞれの“13年後”

を訊くと「30歳を過ぎてもお芝居を続けたい」(桜庭)、

「この仕事を続けられたら」(松坂)と即答。田中も

「40歳とか想像できないですけど、相当いい役者になってる

んじゃないですかね」と自信ありげにコメントし、笑いを誘った。

トップクリエイターによる最先端3DCG技術により、脅威の臨場感

を体験できる『ドットハック』は、2012年1月より全国劇場公開。

記事はオリコンより



        

脱原発のジャンヌ・ダルク

<想定外だった、想定外だったってみんな口をそろえて言うけど、

原発は事故った時 甚大な被害がでるから、「想定外」はあっては

ならないと思うんですケド…私、言ってること間違ってますかね…。>

東日本大震災による原発事故直後、ブログでこんな文章を綴ったのは、

兵庫県在住の現役中学3年生アイドル・藤波心(14)。

原発批判、放射能への恐怖、報道や政府発表への疑問…

中学生とは思えない鋭い指摘は話題を呼び、ソフトバンク社長の

孫正義氏もツイッターで絶賛した。ブログには賛否両論1万3千件以上

のコメントが殺到したが、いまも自らの意見を展開し続けている。

表情にはまだあどけなさの残る彼女だが、こうした活動を続ける思いとは?

――震災当日のことから教えてください。

藤波:学校から帰ってくると、家族がテレビの映像に見入ってたんです。

それは津波の映像で、そのときは映画じゃないかと思ったほどでした。

家族で、涙ながらにその映像を見ました。でも、翌日、塾の友達に

その話をすると「地震や原発のニュースばかりでつまらない。

早くドラマやバラエティー番組が見れたらいいよね」って。

そんな答えが返ってくるなんて想像もしてなかったので、

その温度差にすごくショックを受けました。

――兵庫ではかつて阪神・淡路大震災があった。
それでもそのような反応だった?

藤波:私たちの世代って阪神・淡路大震災を経験していなくって。

私も震災から1年半後ぐらいに生まれたんですね。

両親や周りの人からは聞いていましたけど、関心が薄れてしまって

いたのかもしれません。それはよくないことだと思うんですが…。

――原発事故では報道や政府の発表への疑問はかなりあった?

藤波:事故の後、CSで海外のニュースを見ていると

「危険です。安全ではありません。早く逃げてください」って

呼びかけてるのに、日本のニュースや政府の記者会見では、

「ただちに影響はありません」とか、「安全です」「大丈夫です」

って連呼している。当時、私は原発のことなんて全然知らなか

ったので、どっちのいっていることが正しいのかわからなくて、

自分でインターネットでいろいろ調べてみて、やっぱり危険なん

じゃないかなと思って。いつもブログ見てくれてる人が、どんな意

見を持ってるのか聞いてみたかったのと、あと、私の意見を聞いて

もらいたいなと思ってブログで書きました。

――そのときに持った意見は、いまでも変わっていない?

藤波:はい。できれば、いますぐすべての原発をとめてほしいという

のが正直な気持ちです。ただ、いろいろ勉強して、原発を廃炉にした

としても何年か冷やしたりしなければいけないとか、いますぐすべて

なくすことは難しいということを知りました。でも、時間はかかると思う

んですけど、自然エネルギーとか本当の意味でクリーンなエネルギーに

移行していってほしいなと思っています。

――ブログで書いてから学校などでの反応は?

藤波:仲のよかった友達が、私のブログを見てから、腫れ物に触れるよ

うな感じで、避けられるというか、しゃべらなくなっちゃったりもしました。

それはとてもショックなことで、いつも仲よく笑い話をしていたような友達でも、

大事な問題を一緒に考えていけるというわけではないんだなということを感じました。

――逆に、応援してくれる人もいたのでは?

藤波:「ブログ見たよ」って、それまであまりしゃべったこと

なかった子が話しかけてきてくれて、応援するっていってくれて、友達に

なりました。ブログでも、どこかの学校の先生から「道徳の授業で、

資料としてブログの記事を使わせてもらいました」とか、生徒さんから

「授業でブログの記事が資料として配られました」というコメントを

いただきました。あのブログもみんなで話し合うきっかけになってほし

くて書いたので、それを見ると励みになります。

――“脱原発のジャンヌ・ダルク”と呼ばれていますが?

藤波:自分でいっているわけじゃないですよ(笑い)。

じつは、ジャンヌ・ダルクのことをよく知らなくて、どんな人

なのかと調べてみたんです。そしたら、最期は処刑されたと書い

てあって、なんだか複雑な気持ちです(笑い)。

記事はNEWS ポストセブンより



     

田中涼子

ZAKZAKのアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2007」で

準グランプリを受賞し、さまざまな分野で活躍中のアイドル、田中涼子(27)。

セカンド写真集「ほんまに好き?」が発売され、東京・秋葉原電気街の

ソフマップでこのほど記念イベントを行った。

身長155センチ、B80・W57・H82のスレンダーボディー。

写真集は伊豆で撮影され、ちょっとオトナのショットにも挑戦している。

「温泉で手ぬぐい1枚のショットはかなりセクシーです」とPRしていた。

また、東京・下北沢のGeki地下Libertyで行われる舞台

「秘蜜。3 今度の蜜はナースから」(8月24〜29日)に出演。

「以前、病院で医療事務として働いていた経験が生かせるかも」とニッコリ。

コメディー作品で、AチームとBチームに分かれて公演を行い、集客数を競う

「SKT☆総選挙」を実施する。田中はAチームのリーダー。

勝ったチームはギャラがアップだけに、舞台は自然とヒートアップしそうだ。

記事は夕刊フジより



    

天使

料理が好きでよく作るのは手羽先の煮物です。

飲めるようになった豆乳にもはまってます。

先月発売のDVD「天使も休日」はハワイで撮影して、天使の羽を付けた場面

では現地の子供達から「エンジェル〜!」と言って追いかけられて、とても楽しかったです。

「天装戦隊ゴセイジャー」のゴセイイエロー(モネ役)に1年間出演してきましたが、

ゴセイジャーは「護星天使」をテーマにしていて“天使”をモチーフにした作品でした。

テレ朝チャンネル・東映チャンネル・ファミリー劇場合同企画

「スーパーヒーローMAXナビ」が8月からオンエアされています。

 にわみきほ 1989年9月27日生まれ、愛知県出身

記事は夕刊フジより



       

鉄子

鉄道が大好きで、JR完乗が目標です。今65%くらい。

最東端、最西端、最南端、最北端は制覇! 古い車両が大好きで一番好きなのはキハ48です。

やっぱり鉄道好きな人が注目するスポットって一緒でタブレット交換だー、

とか同じとこで写真撮っているとなんか親近感が沸くんです(笑)

ぶらりと関東からの1人旅でしたら吾妻線なんかいかがでしょうか。

ことこと走る旧国鉄115系電車に乗ってほんのり涼しい山の風を感じてみては?

沿線に温泉地が多いのでぶらり立ち寄り湯してみるのもいいかもしれません。

私のオススメは川原湯温泉駅の川原湯温泉です。

■いとう・もも 1986年3月11日生まれ、
青森県出身 156センチ、B84・W58・H82

記事は夕刊フジより



        

半身浴

AKB48の人気メンバー前田敦子が、半身浴中にブログを更新するという

ファンにはどきどきの行為に挑戦している。しかも、半身浴は同グループの

峯岸みなみも一緒だという。

現在、主演映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの

「マネジメント」を読んだら』の撮影中である前田は、1月12日に

「明日からも」と題された記事を更新。ホテルからタルトの差し入れを

してもらったらしく、「もちろん迷わず………おいしくいただいちゃいました」

と前田は、同じく同作に出演する峯岸と共に食べた様子を記している。

とはいっても、そこはやはりアイドル? 食べた分は汗で流そうというのか、

「だから今は二人で半身浴中」と峯岸と2人で仲良く汗を流しながらこの記事を

書いていることを明かした。半身浴中の更新ということで、もしかしたら

画像は半身浴中のもの? ……と思いきや、残念ながらこの記事の画像は、

おいしそうなタルトのもの。

ちょっぴり期待してしまったファンも多かったかもしれない。


記事はシネマトゥデイより


           



Go! カツフェア

1月10日、AKB48の高橋みなみ、小嶋陽菜、倉持明日香、仁藤萌乃、前田亜美の5人が、

家庭教師のトライ東京本社で行なわれたAKB48×ほっともっと

『Go! カツフェア』受験生応援イベントに登場。受験シーズンを控えた中高生に

カツ丼を手渡しながら、エールを送った。

受験について聞かれ、現在中学3年生で高校受験を控えた前田が「指原(莉乃)

さんが英語が得意で教えてもらっています」と発言すると、メンバーの中でもカツ丼

好きとして知られる高橋が「歴史なら譲れません!」と猛アピール。

しかし前田は「たかみなさんは抜けているところがあるのでちょっと…」と苦笑い。

さらに高橋は、受験生を前に禁断の“すべり”キャラを披露!

不安がる受験生を前に「私が代わりにすべるので大丈夫!」と逆の(!?)

エールを送っていた。

このキャンペーンに合わせて開設されたサイト「AKB神社」

http://www.hm-akb48.com/)ではメンバーが登場する開運カツ動画や、

現在テレビで流れているCMのメイキング映像など盛りだくさん。

ぜひカツ丼を片手にチェックしてほしい。


記事は週プレNEWSより



            
スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
Copyright (C) 発掘! グラビア・アイドル. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。